ケートゥ

ケートゥ

インド占星術のケートゥは、西洋占星術でいうドラゴンテイルに該当します。
太陽の軌道(黄道)と月の軌道(白道)の降交点のことを指します。
惑星としての実体はなく、この降交点を惑星とみなして取り扱います。
ケートゥは昇交点であるラーフと正反対の位置に存在します。

 

ケートゥには障害や妨害という意味があります。
現実逃避のような、突然の良からぬ変化を示します。

 

ラーフが煩悩を表すのに対して、ケートゥは煩悩からの解脱を表します。
ケートゥは前世のカルマを表し、俗世から離れる傾向にあります。

 

ケートゥはラーフと同様に生来的には凶星となります。
ですが、吉星とコンビネーションを形成したり、吉星が支配する星座に在住すると、その凶意は弱まります。

 

ケートゥの持つ性質や示すものは下表の通りです。

吉凶
性別 中性
年齢 100歳
カースト 最下層
惑星内閣 軍隊
人間関係 父方祖父
ブラフマン・ヴァイネシュヴァラ
動物
方角 南西
強くなる方角
元素
資質 暗い・無知
体質 熱・新陳代謝
体の組織
体の部位 神経、脊柱
五感 触覚
機嫌
嗜好
茶色
宝石 ラピスラズリ、キャッツアイ
金属
季節
穀物 ホースグラム
象意

障害、妨害、変化、解脱、禁欲、強欲、偽善、利己的、怒り、争い、毒舌、陰謀、詐欺、愚か、放蕩、破産、放棄、左遷、情緒不安定、食事制限、断食、空腹、消費、識別、誇り、繁栄、贅沢品、石、運命、言語、哲学、宗教、数学、文学的な才能、精神的な指導、占星術、プログラミング、オカルト、幽霊、医療従事者、外国人、犬、鶏、猛禽類、風邪、発熱、悪寒、傷、潰瘍、はしか、天然痘、火星のような、動物に関する知識など

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top