2室、12室に関するヨーガ

2室、12室に関するヨーガ

インド占星術では、2室と12室に惑星が在住するかどうかによって成立するヨーガがあります。
シュバ・カルタリ・ヨーガ、ススバ・ヨーガ、パーパ・カルタリ・ヨーガなどが該当します。

 

シュバ・カルタリ・ヨーガ

シュバ・カルタリ・ヨーガは、健康、長寿、裕福、名声、敵が少ない、などの意味があるヨーガです。
成立条件は下記の通りです。

 

2室と12室の両方に生来的吉星が在住する

 

「カルタリ」には挟むという意味があります。
例えば、2室に木星、12室に金星があると成立します。

 

 

ススバ・ヨーガ

ススバ・ヨーガは、裕福、寛大、繁栄などの意味があるヨーガです。
成立条件は下記の通りです。

 

2室に生来的凶星とコンビネーションを形成しない生来的吉星が在住する

 

生来的凶星とコンビネーションを形成しないことが条件ですから、2室に生来的吉星のみが在住することが絶対条件となります。

 

2室は1室の象意を反映する場所であり、その人物の精神面を表します。
ススバ・ヨーガがある人は、まっすぐな人生を歩むでしょう。

 

 

パーパ・カルタリ・ヨーガ

パーパ・カルタリ・ヨーガは、不健康、病気、貧乏、結婚に恵まれない、などの意味があるヨーガです。
成立条件は下記の通りです。

 

2室と12室の両方に生来的凶星が在住する

 

例えば、2室に土星、12室に火星があると成立します。
ラグナが凶星に挟まれることによって傷つけられます。
ラグナに限らず凶星に挟まれるとそのハウスが傷つき、ハウスの示す象意に悪影響が出ます。

 

パーパ・カルタリ・ヨーガを持つ人は、偏食やアルコールの過剰摂取、ヘビースモーカーなど悪い生活習慣を持つ傾向があります。
このヨーガがある人は健康に対して意識を高めるとよいでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top