インド占星術の9惑星

インド占星術の9惑星

インド占星術には9つの惑星があります。
太陽系の7つの惑星(太陽・月・火星・水星・木星・金星・土星)と実体のない2つの惑星(ラーフ・ケートゥ)があります。
ラーフとケートゥは月の軌道と太陽の軌道の交点であるため実体はありませんが、重要な感受点であり、インド占星術では惑星として扱います。

 

9つの惑星は万物の活動や変化に影響を与え、大きな役割を果たします。
これらの惑星によって運命は決まります。

 

簡単にまとめたものは下表の通りになります。

惑星 意味 吉凶 性別 カースト 内閣 人間 資質
太陽

弱い凶

男性

戦士

純粋

暗赤色

吉・凶

女性

商人

王妃

純粋

血液

白色

火星

情熱

男性

戦士

将軍

兄弟姉妹

暗い・無知

脊髄

深紅

水星

知性

弱い吉

中性

商人

王子

母方おじ

活動的

皮膚

緑色

木星

知識

男性

僧侶

大臣

子供

純粋

脂肪

金色

金星

女性

僧侶

大臣

配偶者

活動的

生殖器

白色

土星

忍耐

中性

労働者

召使い

使用人

暗い・無知

筋肉

青・紺

ラーフ

混乱

女性

最下層

軍隊

母方祖父

暗い・無知

消化器

黄土色

ケートゥ

障害

中性

最下層

軍隊

父方祖父

暗い・無知

神経

茶色

 

戦士はクシャトリヤ、商人はバイシャ、僧侶はバラモン、労働者はスードラを指します。
満ちていく月は吉星、欠けていく月は凶星となります。

 

 

詳しくは各惑星のページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top