シュラヴァナ

シュラヴァナ

インド占星術の22番目のナクシャトラにあたるシュラヴァナについて解説します。
シュラヴァナは、山羊座10度0分〜山羊座23度20分が該当し、支配星は月となります。

 

 

基本性質

シュラヴァナには、耳や意見を聞き入れるといった意味があり、他者を説得することに長けているでしょう。
また、時代の流行や最先端の技術、新しい情報などにも敏感で、それらを上手に取り入れることができるでしょう。

 

礼儀正しく規則はきっちり遵守し、努力家で向上心が高いでしょう。
しかし、現実主義でもあるため、損得勘定が強くなってしまうと、周囲から冷たい人間だと思われてしまうこともあるでしょう。

 

支配星が月であることから、俊敏さや記憶力に恵まれている人が多いでしょう。
また、感受性が豊かで芸術性に優れている人もいるでしょう。

 

 

仕事運

人の話にしっかり耳を傾けることができるため、基本的に人と接する職業に向いているでしょう。
特に、相手の意向に寄り添って提案することが得意なため、アドバイザーやカウンセラーなどに適性があるでしょう。

 

高い情報収集能力を持つため、マスコミや広告業界などでも活躍できるでしょう。
消費者の需要と時代の流行をうまく融合し、魅力的なコンテンツや広告を作ることができるでしょう。

 

上昇志向が強いですが、損得勘定で割り切って仕事をしていると、人望を得られず伸び悩むことがあるでしょう。
目先の利益だけにとらわれずに、長期的なスパンで物事を考えて行動するとよいでしょう。

 

 

恋愛運

恋愛に関してはあまり積極的な方ではないでしょう。
自分からアプローチすることは苦手で、相手から来てくれるのを待つことが多いでしょう。

 

相手の好みやファッションなどを入念に調べて、それに近づけるよう努力するでしょう。
上昇志向が強いため、格式ある家柄やエリートな経歴に惹かれるでしょう。

 

交際が始まるとネガティブな一面が出て、恋人の何気ない一言に敏感になることがあるでしょう。
相手のことを疑わずに信じることが、恋愛が長続きする秘訣となるでしょう。

 

 

結婚運

仕事に集中していると、婚期は遅くなる傾向があります。
完璧主義なところがあるため、結婚と仕事の両立ができるか悩むこともあるでしょう。

 

年齢を重ねるにつれ理想が高くなる傾向もあるため、婚期を逃さないためには若いうちに結婚した方がいいかもしれません。
結婚後は、配偶者や子供によく尽くすでしょう。

 

一度不安になってしまうと、配偶者のことを疑ったり詮索する気持ちが止まらなくなるでしょう。
そのような時は自分一人で抱え込んで悩まずに、積極的に配偶者と話し合って解決していくとよいでしょう。

 

 

開運

何事も行動を起こす前に情報収集に力を入れると、その行動の結果は良いものになることが多いでしょう。
心配性なところがありますが、万全な準備をすることで本番でも思う存分力を発揮することができるでしょう。

 

開運アイテムの宝石・天然石はベリロナイトです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top