PACDARES

PACDARES

インド占星術の鑑定の基本となるPACDARESについて説明します。
PACDARESはインド占星術師として非常に高名なK.N.ラオ先生が提唱したものです。

 

Pはポジション、Aはアスペクト、Cはコンジャンクション、Dはダーナ・ヨーガ、Aはアリシュタ・ヨーガ、Rはラージャ・ヨーガ、Eはエクスチェンジ、Sはスペシャルを意味します。
詳しくは下記の通りです。

 

P(Position ポジション)

惑星がどの星座やハウスに在住するか、どのハウスを支配するかによって吉凶や強弱が出ます。
高揚、ムーラトリコーナ、定座、減衰、友好、敵対、中立、ヴァルゴッタマなどにも着目します。

 

A(Aspect アスペクト)

通常の7室目へのアスペクトに加え、火星、木星、土星の特別なアスペクトも見て、惑星間の影響を把握します。

 

C(Conjunction コンジャンクション)

複数の惑星が同室、同星座にあると、互いに影響を及ぼしあいます。
また人生において、そのハウスや星座のテーマが強くなります。

 

D(Dhana Yoga ダーナ・ヨーガ)

富のヨーガと呼ばれています。
このヨーガがある人は、金銭的に恵まれるでしょう。
主に1室、2室、5室、9室、11室の支配星、月、火星などに着目します。

 

A(Arishta Yoga アリシュタ・ヨーガ)

悲劇のヨーガと呼ばれています。
このヨーガがある人は、不幸や病気に関連することが示唆されます。
主に1室、2室、6室、7室、8室、12室とその支配星、月などに着目します。

 

R(Raja Yoga ラージャ・ヨーガ)

王者のヨーガと呼ばれています。
このヨーガがある人は、社会的な成功や昇進が期待できたり、さまざまな分野で活躍できるでしょう。
主にケンドラハウス、トリコーナハウスの支配星のコンビネーションに着目します。

 

E(Exchange エクスチェンジ)

星座交換を意味します。
惑星は星座交換によってお互いの力を強めると言われています。

 

S(Special スペシャル)

そのチャートの占星学的な特徴やその他の重要なヨーガに着目します。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top