マハダシャーとは

マハダシャーとは

マハダシャーとは、インド占星術のヴィムショッタリー・ダシャーの第1階層にあたり、運勢の大まかな傾向を示します。
人生に浮き沈みをもたらす土台となり、マハダシャーが変われば生き方が大きく変わると言われています。

 

9つの惑星にそれぞれ期間が割り振られ、合計120年で1つのサイクルとなります。
マハダシャーの支配星とその期間は下記の通りです。

 

マハダシャー 期間
太陽期 6年
月期 10年
火星期 7年
ラーフ期 18年
木星期 16年
土星期 19年
水星期 17年
ケートゥ期 7年
金星期

20年

合計 120年

 

 

マハダシャーとアンタルダシャーの支配星が同じ場合は、基本的に吉凶どちらの結果も表れにくいでしょう。

 

ヨーガ・カーラカとなるマハダシャー期では幸運がもたらされるでしょう。
アンタルダシャーに凶星やマラカの惑星がきても、その幸運は消えません。
特にヨーガ・カーラカと絡んでる吉星がアンタルダシャーに来る時は、大きな幸運が期待できるでしょう。

 

5室や9室に在住するラーフやケートゥのマハダシャー期では、ヨーガ・カーラカのマハダシャー期のような幸運がもたらされるでしょう。

 

凶星のマハダシャー期ではトラブルや問題が発生しがちです。
アンタルダシャーに吉星が来る場合は、吉凶どちらも起こるでしょう。
アンタルダシャーにマハダシャーの凶星と絡んでいないヨーガ・カーラカが来ることは、非常に望ましくありません。

 

マラカの惑星のマハダシャー期で、アンタルダシャーにマラカの惑星と絡んでいない凶星が来る場合は、致命的なことが心配されます。

 

土星と金星には特別な関係があります。
土星のマハダシャー期・金星のアンタルダシャー期では、土星のマハダシャー期・土星のアンタルダシャー期のような運気になります。
金星のマハダシャー期・土星のアンタルダシャー期では、金星のマハダシャー期・金星のアンタルダシャー期のような運気になります。

 

金星のマハダシャー期・ラーフのアンタルダシャー期、またはラーフのマハダシャー期・金星のアンタルダシャー期では、運気の波が激しくなるでしょう。

 

※ヨーガ・カーラカについてはこちらをご参照ください。

 

 

各マハダシャー期については、下記ページをご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top