ラーフ

ラーフ

インド占星術のラーフは、西洋占星術でいうドラゴンヘッドに該当します。
太陽の軌道(黄道)と月の軌道(白道)の昇交点のことを指します。
惑星としての実体はなく、この昇交点を惑星とみなして取り扱います。

 

ラーフには混乱や激情という意味があります。
自己中心的な、突然の良からぬ変化を示します。

 

また、ラーフは煩悩や欲望を表します。
現世のカルマの原因となるような自分勝手な行動を起こさせるでしょう。

 

ラーフは生来的には凶星となり、9つの惑星の中でも最も強い力を持ちます。
ですが、吉星とコンビネーションを形成したり、吉星が支配する星座に在住すると、その凶意は弱まります。

 

ラーフの持つ性質や示すものは下表の通りです。

吉凶
性別 女性
年齢 100歳
カースト 最下層
惑星内閣 軍隊
人間関係 母方祖父
アディアーサ・カールティケーヤ
動物
方角 南西
強くなる方角
元素
資質 暗い・無知
体質 軽さ・活動性
体の組織
体の部位 消化器官、排泄器官
五感 触覚
機嫌
嗜好
黄土色
宝石 めのう、ヘソナイト
金属
季節
穀物 黒豆
弱った木、藪
象意

混乱、激情、煩悩、欲望、変化、災い、別離、不幸、異常、断念、暴行、嘘、意地悪、策略、二枚舌、訴訟、腐敗、死刑、賭博、物質主義、勇気、冒険、勲章、王位、傷、熱、息、石、森、傘、ほこり、空、宇宙、乗り物、外泊、外国人、水先案内人、猟師、金細工職人、探偵、学者、発明者、占星術師、異教徒、盗賊、爬虫類、龍、蛇、雄牛、骨、老化、病気、伝染病、胃潰瘍、悪性腫瘍、皮膚病、むくみ、土星のような、日没に強いなど

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top