ヴィムショッタリー・ダシャーとは

ヴィムショッタリー・ダシャーとは

ヴィムショッタリー・ダシャーとは、インド占星術において非常によく使用され、的中率が高いと言われているダシャーです。
結婚、離婚、転職、病気など、人生における大きなイベントが発生する時期を予測することができます。

 

ヴィムショッタリーには「120」という意味があるので、名前の通り120年で一周するサイクルを持ちます。
120歳以上生きる人はごく稀ですから、多くの人はヴィムショッタリー・ダシャーの1サイクルの中で人生を生きることになります。

 

ヴィムショッタリー・ダシャーは惑星サイクルのダシャーであるため、9つの惑星にそれぞれ期間が与えられています。
マハダシャーでは、太陽期は6年、月期は10年、火星期は7年、ラーフ期は18年、木星期は16年、土星期は19年、水星期は17年、ケートゥ期は7年、金星期は20年で、合計120年となります。

 

各マハダシャーは、さらに細かく9つの惑星の期間に分割され、それをアンタルダシャーと言います。
さらに各アンタルダシャーも、細かく9つの惑星の期間に分割され、それをプラティアンタルダシャーと言います。
同様にプラティアンタルダシャーを分割したものをスークシュマダシャー、スークシュマダシャーを分割したものをプラーナダシャーと言います。

 

第1階層:マハダシャー(MD)
第2階層:アンタルダシャー(AD)
第3階層:プラティアンタルダシャー(PAD)
第4階層:スークシュマダシャー(SD)
第5階層:プラーナダシャー(PRD)

 

実際に占う際は、アンタルダシャー(第2階層)もしくはプラティアンタルダシャー(第3階層)までに着目することが多いです。

 

 

ヴィムショッタリー・ダシャーは、月のナクシャトラ(ジャンマ・ナクシャトラ)によってダシャーの始点が決まります。
ナクシャトラのページの表にある支配星が、始点となるマハダシャーの惑星を表しています。
月の位置が各ナクシャトラの境界線上ではなくその間にある場合は、その分ずれたところからダシャーは始まります。

 

 

ダシャーの吉凶は、基本的にそのダシャーの支配星の吉凶によって決まります。
下記の点に着目するとよいでしょう。

 

【吉となる場合】
・ダシャーの支配星の品位が良い(高揚、ムーラトリコーナ、定座)
・ダシャーの支配星が吉星とコンビネーションを形成する
・ダシャーの支配星が吉意の強いヨーガを形成する
・ダシャーの支配星がトリコーナハウス(1室、5室、9室)を支配もしくは在住する
・マハダシャーの支配星があるハウスから数えて、アンタルダシャーの支配星がトリコーナハウス(1室、5室、9室)やケンドラハウス(1室、4室、7室、10室)に在住する

 

【凶となる場合】
・ダシャーの支配星の品位が悪い(減衰、敵対)
・ダシャーの支配星が凶星とコンビネーションを形成する
・ダシャーの支配星が凶意の強いヨーガを形成する
・ダシャーの支配星がドシュタナハウス(6室、8室、12室)を支配もしくは在住する
・マハダシャーの支配星があるハウスから数えて、アンタルダシャーの支配星がドシュタナハウス(6室、8室、12室)に在住する

 

吉意と凶意の両方が混在する場合は、お互いを相殺したり、吉凶混合した影響が表れるでしょう。

 

減衰する惑星であっても、ニーチャバンガ・ラージャ・ヨーガなどの構成要素であるなら、そのダシャーの時期には良いことがあるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top