ガージャ・ケーサリー・ヨーガ

ガージャ・ケーサリー・ヨーガ

インド占星術のガージャ・ケーサリー・ヨーガは別名「学者のヨーガ」とも呼ばれ、優れた知性や記憶力、永続する名声、社会的な成功、組織のトップ、長寿などの意味があります。
このヨーガを持っている人は、人前で雄弁に話すことができ、エネルギッシュでライオンのように敵を打ち負かすことができるでしょう。

 

ガージャ・ケーサリー・ヨーガの成立条件は次の通りです。

月と木星がお互いが在住しているハウスから数えてケンドラハウス(1室、4室、7室、10室)に位置すること

 

ガージャ・ケーサリー・ヨーガは比較的成立しやすいヨーガの一つです。
そのため、惑星の品位や強さなどが非常に重要になってきます。
大きな成功を収めるか、小さな成功を収めるかの差はここに表れます。

 

以下の点に留意するとよいでしょう。

  • 月、木星が高揚、ムーラトリコーナ、定座などに該当して品位が良いとヨーガの力が強くなります。
  • 月、木星がラグナから数えてもケンドラハウス(1室、4室、7室、10室)に在住していると、非常に吉意が強くなります。
  • 月、木星がラグナから数えてトリコーナハウス(1室、5室、9室)に在住していると、徳分の高い成功が期待できます。
  • 月、木星がラグナから数えてドシュタナハウス(6室、8室、12室)や凶ハウス(3室、6室、11室)に在住していると、社会的な成功にそのハウスが示す問題の発生が暗示されます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top