惑星の品位

惑星の品位

インド占星術では、惑星の品位が非常に重要となります。
品位は惑星が在住する場によって決まり、惑星の強弱や吉凶に大きな影響を与えます。

 

 

高揚

惑星は高揚の位置にある時に最も強くなります。
水星以外は、支配する星座で高揚することはありません。
高揚となる星座は下表の通りです。

 

金星
27°
魚座

太陽
10°
牡羊座



牡牛座



双子座



水瓶座

高揚

木星

蟹座

火星
28°
山羊座



獅子座



射手座



蠍座

土星
20°
天秤座

水星
15°
乙女座

 

赤文字の数字が最も強力な度数であり、それに近いほど力が強くなります。
また、ラーフは牡牛座で、ケートゥは蠍座で高揚すると言われています。

 

 

ムーラトリコーナ

ムーラトリコーナは高揚の次に惑星が強くなる位置のことを言います。
月以外は、支配する星座の一部がムーラトリコーナとなります。
ムーラトリコーナとなる星座は下表の通りです。

 



魚座

火星
0~12°
牡羊座


3~27°
牡牛座



双子座

土星
0~20°
水瓶座

ムーラトリコーナ



蟹座



山羊座

太陽
0~20°
獅子座

木星
0~10°
射手座



蠍座

金星
0~15°
天秤座

水星
15~20°
乙女座

 

 

定座

定座はムーラトリコーナの次に惑星が強くなる位置のことを言います。
支配する星座のうち、ムーラトリコーナとなる度数を除いたものとなります。
定座は下表の通りです。

 

木星

魚座

火星
12~30°
牡羊座

金星

牡牛座

水星

牡牛座

土星
20~30°
水瓶座

定座



蟹座

土星

山羊座

太陽
20~30°
獅子座

木星
10~30°
射手座

火星

蠍座

金星
15~30°
天秤座

水星
20~30°
乙女座

 

 

減衰

惑星は減衰の位置にある時に最も弱くなります。
減衰となる星座は、高揚となる星座から数えて7番目にあたります。
減衰となる星座は下表の通りです。

 

水星
15°
魚座

土星
20°
牡羊座



牡牛座



双子座



水瓶座

減衰

火星
28°
蟹座

木星

山羊座



獅子座



射手座



蠍座

太陽
10°
天秤座

金星
27°
乙女座

 

赤文字の数字が最も弱い度数であり、それに近いほど力が弱くなります。
また、ラーフは蠍座で、ケートゥは牡牛座で減衰すると言われています。

 

 

方角

各惑星にはその力が強くなる方角(ディグバラ)というものがあります。
インド占星術のチャートには東西南北が存在し、アセンダント(ラグナ)のある1室が東、その対抗の7ハウスが西、4ハウスが北、10ハウスが南となります。
各惑星は下記の方角で強くなります。

 

惑星 強くなる方角
(ディグバラ)
強くなるハウス
水星、木星 1室
月、金星 4室
土星 西 7室
太陽、火星 10室

 

ラーフとケートゥは、ケンドラハウス(1室、4室、7室、10室)とトリコーナハウス(1室、5室、9室)ではそれぞれ支配星のように振る舞います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top